HOME >  貸衣装の活躍シーンあれこれ >  結婚式(ゲスト)

結婚式(ゲスト)

ここでは、ウェディングでゲストが着るための貸衣装について、レンタルの流れや価格の相場などをご紹介しています。

楽しい!お手軽!貸衣装で素敵なゲストに

ゲストドレス結婚式のゲストのドレスや着物のレンタルも、もちろんあります。最近、レンタルで参列時の衣装をそろえる人も増えているようですよ。

というのも、同級生の婚期はそこそこかぶります。場合によっては2週連続で共通の友人が結婚式を挙げるという可能性もあります(幸い、わたしはその経験はありませんが、そういう方もいらっしゃるはずです)。

そんなときに困るのが、「同じ服を着ていけない」ということなのです。

特に出席者のメンバーがかぶることが事前に分かっている場合、前回のドレスとは違うものを…と思いますよね。かといって、そのためにまた新しく購入というのも痛い出費です。

案外、結婚式のゲスト側の衣装も、悩みどころなのですよね。

安い、保管不要、いいとこだらけの貸衣装

そういうときこそ、レンタル衣装の出番です。結婚式の主役の衣装だけではなく、ゲストの衣装も充実しているんですよ。ご存知でしたか?

手持ちのドレスに飽きちゃった、という人、列席者が自分の手持ちのドレス姿をすでに見ている、という人にはぜひオススメです。また、気分を変えて振り袖や留め袖で参列するというのも素敵です。レンタル衣装では、比較的安価に着物も貸してくれます。

また、ブランドドレスを格安でレンタルしてくれるお店もあります。いいものを着たい、でも購入するほどの財力はない…、という人にはオススメです。何と言っても保管場所を取らないというのも魅力のひとつですよね。

知っておきたい参列者の衣装マナー

結婚式に招かれたゲストが着ていくもののマナーはご存知ですか?

有名なのは「白は着ない」というルール。結婚式当日、白は花嫁さんの着る色と言われています。基本的に主役は花嫁と花婿です。それより目立つような服装は当然NGです。だからと言って、地味でいいというわけでもありません。結婚式に華を添えるためにも、オシャレを楽しむことも大切なのです。

また、全身真っ黒というコーディネートもNG。お祝いの席ですから、明るくいきましょう。

そして、案外知られていないのが、素材が爬虫類のもの。蛇やワニは結婚式ではタブーです。最近、蛇やワニの素材のものも増えているので、ちょっと気をつけたほうがいいかもしれませんね。また、レザー素材・過度に肌の露出のあるものもやめておいたほうが無難。

そつなく、美しく、素敵なドレスを借りられるといいですね。