お宮参り

ここでは、お宮参りでお子さんが着るための貸衣装について、レンタルの流れや価格の相場などをご紹介しています。

人生初の晴れの日。何を着せてあげますか?

お宮参りは、生後1ヶ月頃の都合の良い日に神社に参拝してお子さんの誕生をお祝いし、健康と長寿を祈る日のことです。正式には男の子が生後31日目、女の子は生後32日目ですが、天候・気候、お子さんとお母さん両方の体調を考慮して良い日を選んでくださいね。一番は無理をしないことです。

さて、そのお宮参りの衣装レンタルですが、何しろ生まれたばかりの赤ちゃんです。赤ちゃんに心地いいもの、苦しくないものが大前提です。でもお祝いですから、かわいい衣装を着せて写真を撮りたいですね。

お宮参りには、正式には妻の実家が送った祝着を赤ちゃんに着せます。しかし、お宮参りの当日に赤ちゃんをだっこするのは父方の祖母とされています。でも、最近では、それほど形式にこだわることもなくなっています。

正式なお宮参りの祝着ってどんなもの?

正式なお宮参りの祝着を紹介します。

まず、肌着の上に白羽二重の内着。その上から掛け着(晴れ着)を羽織らせます。そして、赤ちゃんを抱いた状態で、祖母の首の後ろで付けヒモを結びます。男の子は白羽二重にのし目模様の紺色掛け着(もしくは黒羽二重の紋付き)。女の子は白羽二重に友禅模様の掛け着です。

でも、夏場などにたくさん着せると体温調節がうまくいかない赤ちゃんは熱中症になってしまいます。くれぐれも、見た目より赤ちゃんの身体を優先しましょう。

最近では純白のベビードレスやベビーケープなどでお宮参りをするという方も多いようです。和装か洋装かという違いなのですが、どちらでも、お好みで選びましょう。一緒に行く親族も、それに合わせるのも素敵ですね。

また、貸衣装のお店に相談すれば、そもそもどんな衣装が正当派なものか、最近の傾向ではどんな衣装を着せているか、親身になって教えてくださるお店もありますよ。

レンタル料金の相場ってどのくらい?

気になるレンタル料金ですが、だいたい5,000円~2万円程度でしょうか。値段はやはり借りるお店によって異なるようです。

ベビーブランドのドレスは3,000円~4,000円で数日間、正絹ののしめは5,000円~1万円で数日間借りられます。もちろん、いいものを選ぶとそれより高くなりますし、少しおさえることも可能でしょう。実際に購入するとなると、ドレスで3~4万円、のしめで10万円近くするので、レンタルはお得です。

まずはお店に連絡して、予約をするのが大事です。でも、産後の忙しいさなか、大変ですよね。祖父母の協力を得て、手配をするのもいいかもしれません。

もしくは、最近はネットで予約して宅配で届けてくれるというサービスもあります。産後は動きがとりにくいものなので、そういった便利なところにお願いするのも、いいかもしれませんね。