お見合い

ここでは、お見合いで着るための貸衣装についてレンタルの流れや価格の相場などをご紹介しています。

お見合いは大切な出会いの場。何を着ればいい?

お見合いは、結婚を希望する二人が第三者の仲介によって顔を合わせるイベントのことです。

未婚の女性の場合正式には振袖を着るのが好ましいとされていますが、今では30代、40代などでの結婚も珍しくないため、着物やドレスを選ぶ方も珍しくありません。

ですが、30代以降が振袖を着てはならないという決まりは特にありません。振袖でも着物でも、お見合いの場に合った晴れ着を着ていくのがもっとも理想的と言えるでしょう。

お見合いは結婚を望む二人が出会う貴重な場ですので、派手なデザイン、もしくは地味すぎる着物はあまり好まれていません。

たとえ自分のキャラクターや年齢に即したデザインであっても、あまりにも冒険し過ぎるデザインは避けた方が無難と言えるでしょう。

相手に好かれるお見合いの着物とは?

和服の場合、若い女性は振袖、それ以降の年齢の女性は訪問着や小紋などが適切とされています。

訪問着は肩と裾、袖に模様が入った着物のことで、小紋は布地の全体に細かく模様が入っている着物のことを指します。いずれも「準礼装」として、お見合いや内輪での顔合わせなどに着用することができます。

30代以降の女性の着物については厳密に決まっているわけではないので、振袖を着たとしても不問とされるケースもあります。また、カジュアルな雰囲気の場であれば着物で行く必要はありません。

何を着れば良いのか分からない場合は、貸衣装店で相談すれば間違いがありません。好きなデザインや色などの希望を伝えれば、お見合いにふさわしい衣装を選んでもらえますよ。

人によっては着物のデザインだけでなく、サイズやフィット感などが見栄えを左右する可能性もあるため、「絶対この着物じゃなければいけない」という先入観は置いて、まずは相談されることをおすすめします。

着物のレンタルにかかる相場はどのくらい?

お見合いに使う着物のレンタルについては、着物のみであれば10,000円前後から借りることができます。

ヘアメイクから小物の貸し出しまでフルセットの場合、相場はさらに上がりますが、それぞれを個別にオプションで付けるよりもお得になります。

着物は近場のお店でレンタルから着付けまでを行うのが一般的ですが、最近ではネットでフルセットレンタルができるお店も増えているので、そちらを利用する方法もありますね。

レンタル着物なら振袖や着物の購入費用に比べてずっと安くなりますし、お見合いにふさわしい衣装をスタイリストに選んでもらえるなどのサービスが受けられますので、着物選びに悩む方に特にオススメです。

関連ページ