HOME >  申し込む時期は?

申し込む時期は?

このページでは貸衣装を申し込む時期などを調査して紹介しています。

貸衣装を借りるにはどうしたらいいの?

まず衣装を借りるには、衣装レンタルをしているお店や写真館に申し込みをする必要があります。ショップによっては電話やメール、来店などいろいろな形態での予約となりますので確認しましょう。

予約の際には、借りる希望日、使用目的、連絡先、希望サイズ、必要な小物などを明記することを忘れずに。特にメール予約や通販で借りる場合には、日程に余裕をもって申し込んだ方が無難です。メールでは内容確認の返信などに日数が余分にかかるため、注意しましょう。

申し込む時期の目安は?

例えば、宅配でレンタルサービスを受ける場合、ショップにもよりますが発送から返却までを5日程度と考えていいでしょう。たいていの場合、発送専用の箱などがありますので、煩わしさはないようです。そういった点から考えて、遅くとも1週間前までには申し込みをした方がいいでしょう。

来店して予約をする場合は、衣装を実際に見て決めることもできるため前日の予約でもOKのショップが多いようです。ただし、ショップによっては予約できるのは撮影の日時のみ可能で衣装は当日決定というショップもあるようですので、お店に直接確認した方がよさそうです。

また、卒業式や成人式など全国的なイベントの際は注意が必要です。

なぜなら、たくさんの人がレンタルを希望するからです。そのため、希望の柄や衣装を選ぶことができなくなる可能性があります。特に袴や振袖などは希望者も多いため、人気の柄などは争奪戦になりかねません。早い人は、10月くらいからと訳する人もいるようです。

ただし、あまりに急ぎ過ぎて半年以上先に衣装を選びに行く人もあるようですが、その頃には別のイベント用の衣装を出していて成人式や卒業式向けの衣装はまだ出していない場合もあります。ですから、下見はほどほどの時期にした方がよさそうですね。卒業式なら11月中旬以降あたりがオススメです。成人式ならその1~2ヵ月前ということになりますね。

前撮りサービスもあり

成人式などの一大イベントの時期は、撮影希望の人も多くなかなか予約がとれないこともあります。そこで、最近の写真館では前撮りサービスも行っています。前撮りなら衣装も余裕をもって選べますから、写真撮影ならこの手でもよさそうです。

もちろん、式の当日に同じ衣装をレンタルする必要がありますから、費用は2倍?になることも念頭に置いてくださいね。